川島 渝 / kawashima yu 
会社員 / 個人起業家 / コンサルタント

大学在学中に「国際ビジネス」を学び、卒業後は日本を代表する大手電機メーカーに入社。


はじめてビジネスの世界に足を踏み入れる。


数年間、全力で業務をこなすが、古く伝統的な日本企業のビジネスの在り方、自分のキャリアに対する将来性に疑問を抱く。


自分の人生で本当に求めているものは何かを自問自答する中で、

「自らビジネスを起こすこと」の中に一つの答えを見出す。



企業の従業員としてどれだけ活躍したところで、いつか壁にぶつかることは目に見えている。

「誰にも依存せず、自分で稼ぐ力」を身につけなければ、自分の理想とする世界には到達できないことに気づく。 


その後、輸入物販を中心にビジネスの基本とマーケティングを学び、インターネットで情報発信を開始する。


過去の自分と同じような悩みを持った人たちに、「雇われの会社員からたった一人でビジネスを起ち上げる方法」を伝える活動を始める。


このスタイルで仕事を始めてから、自分の情報発信や世界観に共感した、本当に自分を必要としてくれる、質の高い仲間だけが集まるようになる。


現在は「収入をハイブリッド化して、自分に優しい人生を」をコンセプトに、“安定した会社員の生き方”“自分次第で収入が決まる起業家の生き方”を融合させ、ストレスのない生活を送っている。


かつての自分と似た状況の人々に対し、何もないところからビジネス構築する方法や、ノーストレスで楽しく働くノウハウ等のコンサルティングを提供している。




メッセージ|MESSAGE

はじめまして。川島 渝(カワシマ ユウ)と申します。


このページでは、僕の自己紹介をしていきたいと思います。


僕は「収入をハイブリッド化して、自分に優しい人生を」をコンセプトに、勤め先では会社員として、自宅では起業家として、そして海外では旅行家として活動しています。


「つまり何者なんだ?」と感じるかもしれませんが、やっていることは単純です。


会社員と起業家など、複数の異なる生き方を組み合わせることで、両者のメリットのいいとこ取りをして、デメリットを打ち消しあっている、それだけです。


エンジンやモーター等の複数の動力源を組み合わせて走る車を「ハイブリッドカー」と呼びますが、まさにあんな感じですね。


動力源(収入源)が複数あると、片方で無理をする必要がなくなるので、心の安定を保ったままで、収入を何倍にも拡大することができます。


心に余裕ができるので、環境にも優しく、周囲にも優しく、自分自身にも優しくなれます。


特に僕は、会社員と起業家という異なる生き方をハイブリッド化して、格段に生きやすくなりました。


はじめて聞いた方は、「本当にそんなことできるのか?」と疑問に思うかもしれません。


しかし、今の時代はいろんなサービスが整っているので、やり方次第で十分実現可能なんですよね。


このブログでは、その方法について様々な情報をシェアしていきたいと思っています。



収入をハイブリッド化するに至った経緯

僕は、元々はごく一般的な普通のサラリーマンでした。


晴れの日も雨の日も、毎朝同じ時間に家を出て、満員電車に揺られ、深夜0時近くに家に帰ってくる生活。


消しても消しても無限に降り掛かってくる仕事の山と、季節の移り変わりすらわからなくなる程の単調な毎日、、


僕は、「何かがおかしい!」と思いつつも、一日中仕事のことを考えて、「良き社会人」になろうと必死に努力していました。 


そんな中、当時付き合っていた彼女(中国人)と結婚することになりました。

その関係で物価の安い中国から商品を輸入して、日本のネット通販で販売するビジネスの存在を知りました。


どういうビジネスなのか概要を知りたい方は、以下のブログ記事を読んでみてください。




金なし、スキルなしから輸入物販ビジネスを学ぶ

僕のビジネス人生は、副業からのスタートでしたが、起業をして割と早い段階で自分のビジネスをうまく回せるようになりました。


雇われサラリーマンの経験しかない上に、決して自分の能力がズバ抜けて高いとも思えません。


当時、休みがあれば海外をひとりで放浪していたので、貯金もほとんどなく、金なし、スキルなしのゼロの状態からスタートしたわけです。


では、一体なぜうまくいったのか? 


それは、ビジネス人生の初期の段階で結果が出やすい「物販ビジネス」を選んだことが大きいです。


そしてさらに、ビジネスを始めて早い時期に信頼できる輸入物販ビジネスの先生に出会い、教えを受けることができたからだと思います。


先生からビジネスの仕組みを教えてもらった数ヶ月後には、会社員としての月給を上回る収入を手に入れることができるようになっていました。


そして、少しずつ自分のビジネスが拡大&安定していきました。 


それにともない、「インターネットでモノを売るスキル」を一度身につけると、あらゆるモノやサービスを売る時に応用できるということが、知識だけでなく身体感覚としてわかるようになりました。


このスキルさえあれば、どのようなフィールドに応用しても稼ぐことができるのではないかと思います。


ちなみに、このブログも、そのノウハウを応用して作り上げた結果です。 


ただ、僕もこのブログを構築するにあたって、「集客」というものに大変苦労しました。(そして、今も苦労しています笑)


なぜなら、Amazonや楽天などのネット通販で商品を販売する場合は、大企業の彼らが「集客」してくれるので、自分ではあまり考えないですからね。。


しかし、半年ほど「集客」について勉強し、試行錯誤した結果、ようやく少しずつですが、上手く回り始めました。



「集客」できなければ、永遠に自由になれない

そして、ネットでの「集客」のことを学びだしてから、他の物販プレイヤーとは違った強みを打ち出せるようになりました。


というのも、世の中にいるほとんどのAmazonや楽天で販売している物販プレイヤーは、「集客」のことは勉強していないからです。


彼らは、Amazonや楽天がたくさんの広告予算をかけて日本中から「集客」してくれたお客様に対し、モノを売っているわけです。


彼らは、真っさらな状態から自分の力だけで「集客」する方法を知らないのです。


でも、僕は、自分で「集客」ができないビジネスは、遅かれ早かれ、必ず苦しい立場に追いやられる運命にあると思います。


なぜなら、自分で「集客」できないのであれば、永遠に自由になれないからです。


常に誰かの下請けとして仕事をもらうしか生き残れる手段がないわけです。


収入源が「勤め先からの給料しかないサラリーマン」などは、その最たる例でしょう。



簡単に独立することをオススメしない理由

しかし、僕は、インターネット界隈によくいる起業家たちのように、「自由のために、サラリーマンを辞めて起業しようぜ!」とは気軽に言いたくありません。


もちろん、僕も一時期は「このビジネスがもっと上手くいったら、独立するぜ!」と意気込んでいました。


しかし、実際は「どれだけ稼いでも、心の平穏とはほど遠い」という現実でした。


「独立する」ということは、翌年に収入が1/10、あるいは1/100以下になっている恐怖と常に付き合っていかなければならない、ということです。


「自由」の代償として、今後何十年間も常に未来への不安と付き合って生きていく、とうことです。


そんな状態では、せっかく稼いだお金でもパーッと散財する気にもなれません。


さらに、個人ビジネス/極小企業の経営者になるということは、社会的な信用度や世間の見方でいったら、大企業のサラリーマンにすら劣ります。


よほどの天才か狂人でもない限り、ごく普通の一般の人々にとっては、「会社員の身分で、気楽に楽しく生きる方が圧倒的に幸せ」だと思います。


「どれだけ失敗しても、毎日会社に行くだけで確実に給料がもらえる」


このことの安心感は、お金に換えがたい価値があると今ならハッキリ言うことができます。


その上で、自分のビジネスから給料以外の収入があれば、理不尽な仕事をイヤイヤ続ける必要も無くなります。


会社勤めで最低限のセーフティネットを維持しつつ、自分でビジネスを起こして青天井の収入を狙う。


これこそが、新しい時代の多くの人にとって「最適解になる生き方」ではないかと思います。



自分の力で稼ぐ、ということ

僕は、運よく「収入をハイブリッド化する」ことに成功できた人間として、世の中に「自分の力で稼ぐことができる人々」をもっと増やしていきたいと考えています。


「自分の力で稼ぐ」ことは、他人からの制約を受けず、自分の人生を自分で成り立たせるために必須となる能力です。


つまり、自分の人生をより良くしたいのなら、「自分の力で稼ぐ」スキルは、小中学校の義務教育で教えるべきなほど「人間として生きる上で、基本的な能力」だと思います。


現代は、人類の歴史上かつてない程、誰でも簡単に一人でビジネスを行える時代です。


そんな時代に生きているあなたは、与えられたこの状況をどう使いますか?



夢を実現したり、自分の人生を豊かにしたい、

でも、嫌なことでも我慢して日々の生活費を稼がなければならない、

そのような方は、世の中にたくさんいると思います。



ただ、昔の僕が悩んでいたように、そのような方達は「今はまだその手段を知らない」というだけなのだと思います。


だって、僕にできたことが、あなたにできない理由は存在しないはずです。


僕は、そんな人のお役に立てたらと思って活動しています。


川島 渝




関連記事